尊厳死と遺族守護制度、二人産む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と石油節約、全員雇用で景気回復、安



尊厳死の契約と遺族守護制度、二人産む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と石油節約、全員雇用で景気回復、安定社会で平和外交
http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/speech10.txt
尊厳死の契約、日本政府と契約し、助けたい二人までに1億円相当の加護を尊厳死本人が設計、
尊厳死の後に守護者10人がプランを遂行する。

尊厳死は食料節約と石油節約になり、日本を健全化してくれる、ある意味で計画的細胞死。

尊厳死の命で浮いた食料と石油で繋がれた日本国が、
尊厳死した本人との契約のもとに、指定された助けたい二人に、
10人の守護者を割り当て、
尊厳死した本人の考えた1億円相当の加護のプランを実行する。

10人の守護者は、
警察二人、
弁護士から司法書士二人、
検察から科学者二人、
総合診療医二人、
尊厳死した本人のいう善人か、善人免許所持者二人。

善人選挙は、学校の卒業生が、同級生のなかから善人と思う人を10名連記し、上位10%に善人免許25%を与える、善人免許25%四枚で晴れて善人免許所持者。


守護者10人は信用できる大人で、人生を支えるし忠告するし困ったら助けてくれる。



二人生む権利は戸籍に書いておき、出産成功したらひとつ減らして上書きする。
1人の大人が二人生むと世界に残す自分の遺伝子数は1人ぶん。

夫婦二人が子供二人を残すなら、世代の同級生は同じ。
あとの問題は長生きしすぎと、一年間に生まれる赤ちゃんの数。

尊厳死契約で早死にしてくれたことで食料節約と石油節約になったぶんを投資の形で加護に変換する。



毎年の赤ちゃん人数制限は、妊娠の登録を届け出順に累進課税し、妊娠税で制限する。
それにより生活保護で産みまくる人は自分で自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。


また、性犯罪者も自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。



これで国民がみんな仕事をもらえるようになり、
出来ることを持ち場にして
安定社会を作る。

それが隣国に伝搬し、
人口適正の安定社会になれば、
食料が安泰になり、
戦争の意味が消える。

戦争の意味が消えると、核兵器の有る無しに関係なく平和に暮らせる。
また、
領土の 拡大の 意味が消える。
隣国と悪口いうだけの茶番の意味が消える。

すべての解決策は、食料生産に対して少な目の人口に我慢すること。

人口増加は経済も過当競争になり、仕事や食料の奪い合い、汚い手段やイジメを生み出す。

食料に見合う人口なら、仕事により食料を買うことで
頑張りが報われ生きていけるから、
イジメの意味が消える。

残りは、欲望が起こす独占欲や性欲や犯罪欲によるもので、その罪人は社会不適格として自給自足の農業独房に隔離すればいい。


これが本筋の手厚い国だと思う。。

職業を、得意分野を分業、数人チームで1人ぶんに



学校の先生は、
教えかたがうまい人
社会マナーを学ばせるのがうまい人
調子の良し悪しに気付く人
点数をつける人
暴力に対抗する武力ある人
資料や準備の雑用する人

で1人ぶんとか。


政治家は、
現実を調べる人、
政策を考える人、
事務や記録を残す人、
人前で上手に演説する人、

で1人ぶんとか。

例えば、子供の心の叫びを、子供が叫ぶと可愛いから誤解されるとき、
俳優を雇って俳優が代弁者になって叫んだら深刻な心の叫びが伝わると思う。


例えば、政治家が、自分の顔と声と体格じゃ嫌われ者のイメージで、
代弁者に俳優を雇って国会で発表してもらったら、
政策の良さが伝わるとか。


国会議事堂が俳優を雇って、
国選代弁者ってなったら、
やっと政策の中身について意識がいくと思う。


手足の無い議員、
目の見え無い議員、
耳の聞こえ無い議員、
声の悪い議員、
見た目の悪い議員、

知恵が高いならデスクワーク出来る。

手足のかわりに、車椅子を押してくれる介護者が居ればいい。
目のかわりに、耳で聞こえるよう音読し状況説明する介護者が居ればいい。
耳のかわりに、目で読めるよう手書きして説明する介護者が居ればいい。

声の悪さのかわり、良い声で演説する声の俳優が居ればいい。
見た目の悪さのかわり、良い姿で演説する見た目の俳優が居ればいい。


得意なことを組み合わせて数人でチームにして、
それで1人ぶんにすればいい。


何で1人で全部出来るのが規則で決まってる?
1人で歴史も現実も学問も調べて暗記して、政策アイデアまとめて、演説して、
家族サービスもして、
などなど。

政治家って過酷だね。

完璧な政治家をやるには、人間1人には無理だよなー。


学校の先生も1人で35人とか抱えて、大変だよなー。小5小6のオバサン先生キレちゃったもんな。まあ僕が異質すぎたんだ。僕は2才からは雑菌感染者だったし。



探るのは難しい。パズル解く感じ。現実を見分けるには現場に行く必要。
解説を聞くのは簡単。

姿を良く変化するのは難しい。美容形成とかでも難しい。
代わりに誰かが代役してくれたら楽。

演説を良く変化するのは難しい。演説専門の家庭教師とかで訓練とか。
代わりに誰かが代役してくれたら楽。




1人で出来る範囲は、
出来ないづくし。
まあ下手なりに出来る、でも批判の的になるだけ。

国会議員の制度に、1人にかかる負担が多すぎる問題有りそう。

尊厳死の契約と遺族守護制度、二人産む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と石油節約、経済も全員雇用で



尊厳死の契約と遺族守護制度、二人産む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と石油節約、経済も全員雇用で回復、安定社会で平和外交
http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/speech10.txt
尊厳死の契約、日本政府と契約し、助けたい二人までに1億円相当の加護のプランを尊厳死本人が設計、
尊厳死の後に守護者10人がプランを遂行する。

尊厳死は食料節約と石油節約になり、日本を健全化してくれる、ある意味で計画的細胞死。

尊厳死の命で浮いた食料と石油で繋がれた日本国が、
尊厳死した本人との契約のもとに、指定された助けたい二人に、
10人の守護者を割り当て、
尊厳死した本人の考えた1億円相当の加護のプランを実行する。

10人の守護者は、
警察二人、
弁護士から司法書士二人、
検察から科学者二人、
総合診療医二人、
尊厳死した本人のいう善人か、善人免許所持者二人。

善人選挙は、学校の卒業生が、同級生のなかから善人と思う人を10名連記し、上位10%に善人免許25%を与える、善人免許25%四枚で晴れて善人免許所持者。


守護者10人は信用できる大人で、人生を支えるし忠告するし困ったら助けてくれる。



二人生む権利は戸籍に書いておき、出産成功したらひとつ減らして上書きする。
1人の大人が二人生むと世界に残す自分の遺伝子数は1人ぶん。

夫婦二人が子供二人を残すなら、世代の同級生は同じ。
あとの問題は長生きしすぎと、一年間に生まれる赤ちゃんの数。

長生きしすぎは尊厳死契約で命を食料節約と石油節約に使ったぶんを投資のかたちで加護になる。



毎年の赤ちゃん人数制限は、妊娠の登録を届け出順に累進課税の妊娠税で、制限する。
それにより生活保護で産みまくる人は自分で自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。


また、性犯罪者も自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。



これで国民がみんな仕事をもらえるようになり、
出来ることを持ち場にして
安定社会を作る。

それが隣国に伝搬し、
人口適正の安定社会になれば、
食料が安泰になり、
戦争の意味が消える。

戦争の意味が消えると、核兵器の有る無しに関係なく平和に暮らせる。
また、
領土の 拡大の 意味が消える。
隣国と悪口いうだけの茶番の意味が消える。

すべての解決策は、食料生産に対して少な目の人口に我慢すること。

人口増加は経済も過当競争になり、仕事や食料の奪い合い、汚い手段やイジメを生み出す。

食料に見合う人口なら、仕事により食料を買うことで
頑張りが報われ生きていけるから、
イジメの意味が消える。

残りは、欲望が起こす独占欲や性欲や犯罪欲によるもので、その罪人は社会不適格として自給自足の農業独房に隔離すればいい。


これが本筋の手厚い政策と思う。
0

気候変化、空の変化、エアロゾル、地球の軌道について疑問点



気団が温度膨張で上昇、気圧低下で気温低下、気温低下を妨げる結露して雲の発生。

空気中に太陽熱を受ける微小粒子「エアロゾル」がありすぎるとき、上空で熱を受けてしまうので、気団が上昇しきれなくなります。

もとから地上付近の対流圏の上に、無対流の成層圏や熱圏という薄い大気がある、らしい。

大気は、太陽の光を吸収し、二次的な熱放射をすることで、紫外線を可視光に変えるぶんがあります。

エアロゾルは可視光も含めて熱を受けちゃうので、
対流圏のはずが熱的に安定して上昇気流が止まるから、
あんまり雲が無い。

放射能の重金属粒子とかガスとか、自発的に発熱するし、
もうワケワカメ。

あと地球は太陽に落ちていくはず。
水星が太陽付近で蒸発し、金星が次の水星になり、地球は次の金星になる。

何万年か不明だけど、
地上核兵器とかのタイミングが悪ければ減速して、軌道が太陽に近づくはず。

2011年5月何日かの深夜1時から4時に気象庁の雲画で
北朝鮮と中国の国境あたりで丸い雲が発生したので、
もし爆発なら地球減速、軌道変更の温暖化。

その頃は、小惑星衝突騒ぎで、結局は地球と月の間の夜の闇を追い抜いていった。
もし加速して軌道を外にずらしてたら、小惑星は地球に当たる事態だったんだろうなーと深読みしてる。


根も葉もない勘だ。

学問で理解できる範囲と、暗記するだけの範囲



塾は小テスト毎回と、一斉テスト毎月があるタイプが、一番の塾で、
大抵は入塾テストで
「お宅のお子さんは才能が無いので無理」
という形。
一年目は「他の子に迷惑だから自宅で暗記してきてください」
三年目は「麻布中学も栄光学園も判定92%なので受けて良い」

そんな感じ。

ネックは、繋がりなしの暗記科目、
社会システム、社会歴史、
地理農作物、地理産業、
国語漢字、国語現代心理。

問題と答えを一個ずつ暗記必要。

楽なのは算数と理科。
回答の根拠の自然システムの暗記のあと、問題の種類判別できれば、おわり。
算数と理科は暗記量が少ない。

ただし、実際に確認できる納得できる場合になる。

算数は書き出し検証で納得。
理科はテコの原理、天秤、滑車など自作実験とか。

これが、積分や式変形、式変換の数学、特に指数対数とか次元変換や暗号変換で納得無理になる。
これが、原子分子、化学、モル数の根拠、熱力学統計学確率論になり分子ガス予想になると納得無理になる。

確率論は実験の説明に後付け変形すれば何でも説明可能。
誰も確認が無理。

しかも1気圧、零度、体積について測定誤差、とくに1気圧と温度の測定自体に地球上の制約あり。

完全な実験室の遮蔽空間が無い。
重力、気圧、気温、湿度、不純物。
謎に対する解析に、謎含みの機材で実験することの不満。

だから、
本質を言えば、
人間は学習には限界がある。

限界を越えて点数をだすには、
人間は丸暗記するオウム、イエスマンになるだけ。



本当の限界は、
実験器具の精度、実験環境を固定する工夫、ノイズを減らす工夫による。
本人がどれだけ自分で実験したかによる。


信用できるのは、経験。
知識は経験の手引き。

知識は嘘がある、または、宇宙を漂ううちに、古い知識が合わない環境に変わる。

今は安定物質でも、宇宙に出たら分解しやすい物質に変わるかも。

深海魚は深海では生きられる。
釣り上げて水圧消えると内蔵が口から飛び出る。
環境の圧力が変わるから。

同じように、原子分子も、環境が変われば性質が変わる危険がある。

今まで実験したのは、過去の話。
過去の環境は、厳しく言えば、過去だけの話。
未来の環境は、未来だけの話。


環境を固定するのは無理、時間を固定するのが無理。


無理、限界。

やってみて確かめていく必要が山積み。


僕個人にすべての実験観察は無理だ。

あと、実験観察を結びつけて、グラフや数式を予想するのはできるが、
それも実験観察の範囲だけ。
実験観察の環境から遠く離れた環境での予想は無理。
グラフや数式を伸ばしても、根拠無しの妄想。
0

知識も経験も蓄えた優秀な判断者と、高い評価のある者に付いてくる生存欲求者



人はみんな違う。

違う環境、違う経験、違う体、違う本能の度あい。
違う目線、違う立場、違う学習、違う記憶。
違う願い、違う妥協点、違う苦しみ。


僕は、あるシナリオを回避することに正しさを感じている。
僕が人生を味わって僕なりに決まってきた善悪フィルターが示す方向性。

嫌うシナリオは、産みまくる、食料不足、戦争、徒党を組んで殺すものが生き残るシナリオ、最後は太陽や銀河に飲まれて焼け死ぬ。
放置すれば嫌うシナリオが自然に実現する。かなり確率が高い。適当にどっちに転んでも自然に実現する。


望むシナリオは、産むの我慢、自分で人生に幕を下ろす、好きな人のことは信用できる他者に託す、食料安泰、育児の継続、文化継承、技術積み上げるシナリオ、地球ごと宇宙を移動したりで全員が逃げ延びる。

管理できれば意図的に実現する。だが、どっちに転んでも実現するような楽な道では無い。
社会の人が1人1人、九割がた協力してくれて、やっと成り立つ。
しかも、九割がたは、知識と経験からシナリオまでの道を納得し、理解している必要。

しかし、人は違うから、知識と経験から納得できる人が九割も居るのは、奇跡。
大抵、一部の賢い実績ある人の言うことを、また当たるだろう、と考えて付いてくるだけの人が多い。だが、それじゃ工夫したアイデアは現実には実現不可能で、共倒れシナリオに戻る。


さらに悪いのが、共倒れシナリオに戻ると、工夫シナリオが無謀とされ、嘘つき呼ばわりされ、イジメに会うこと。


最大まで判断に知識と経験をつぎ込んで見えた工夫も、
他の誰にも理解不能ならお手上げだ。



もし宇宙を渡り歩く技術を見つけても、
人格が壊れて悪事を働く、
また戦争大好き集団が荒らし回るのでは、
それまでの苦労は何だったのか、むざむざ悪人に刀を打って贈り物したような話になってしまう。


ここにきて問題があるのは、
人間は信用できるか、
人間は保証できるか、
人間は全員が知識を積み経験を積み同じ平和志向で有能で居られるか、未来永劫に。


目の前の問題は、ただ付いてくるだけの生存欲求者で、いつか願いを踏みにじる形で裏切る。

遠くの問題は、今は理解できる人格者も、健康不良や精神不良で、壊れだす。


呪い「誰もがオマエみたいに物分かりが良いと思うなよ。俺の願いは違う」
呪い「誰もがオマエみたいに知識や経験を積める恵まれ組に生まれたと思うなよ。俺の知識や経験は違う」


僕の記憶にある呪いの言葉。
貧困層や勉強意欲弱者の代弁者に言われた正義の言葉。
公立小学校で言われた言葉。


僕がどんなに良いと思うアイデアも、他国が取り入れている制度も、
それが理解されると言うには、
九割がたの社会人が理解するための知識や経験を積んでいる必要がある。


つまり、例えると、強欲な生存欲求者は獣と同じで、ただ自分の利益を追求するだけで、協力や工夫なんて理解も実行も不可能。
あとは協力や工夫を望む者との対立、互いに相手陣営が邪魔で仕方ない。

呪い「オマエさえ居なければ皆が同じレベルで平和だったんだ」
呪い「オマエが学校を休んでいたとき授業もスムーズで充実していたし、何よりヤル気が出た」


結論
社会は同じレベルで集団が平和になる。
理想の実現は厳しい問題の山積み。
地獄の実現は自然に成立するほど簡単。


理想の実現は、理想の理解と実行できる者を、知識や経験を積ませて引き上げる必要がある。

地獄の実現は、理想を実現するものに呪いを浴びせる論破だけで良い。相手の拒否は優先される。自前の提案は捨てられる。



今は知識や経験を無いまま、放置世界を生きてる人の方が多い。

この流れは、産みまくる、食料不足、戦争、殺し、嫌な人間が生き残るシナリオが確率が高い。



江戸の子供の間引きは社会水準を理解する有能さを維持するための品種改良だと仮定すると、

間引きによる人為淘汰があっても、やっとこさ江戸時代どまり。
逆に似た者ばかりで伝染病に一気に感染。


じゃあどうしたら全員助かる?

もう手詰まり感。

文化の少しの推論、食料不足と食料安泰の違いと文化の差



2000年代の原子力の机上の空論では、岩石から熱がでて、温度差発電でき、発光ダイオード光でオフィス農業をして、食料生産に変換する。
だが原子力の維持に石油を消費する。石油は日本では採れ無い。

1980年から2012年までずっと、済的な値段の問題で、物価格差に乗っかる食料輸入が優勢、人口の増えすぎで食料輸入していて、その輸入のために外貨獲得する必要あり、無理にでも工場を回して貧困国から原料を輸入し、経験で高品質の加工品を物価の高い富裕国に輸出してきた。

例えば、トヨタの製造業で、期間工が手の腱鞘炎でリタイヤするように、製造ラインは高速労働、長時間労働、ロボット型労働で限界まで効率を高めるように工夫してシゴキまくる。
それが都市部の売り上げに繋がり、それが農村や外国から農作物を買うための生活費になる。

もし2012年の日本で、原子力の発電をオフィス農業に全部つぎこんでも、どうせ子供生みすぎで直ぐに食料不足になる。
まだ人口管理制度が無いから。

1985年から2012年の日本は不景気と、社会が不穏のため、老人も夢破れた若者も、自殺したくても、残される好きな人のことが心配で、生き続ける。
それに、自殺は聖書世界では禁止されてる。
尊厳死できるのはオランダ国だけ。

生む自由ばかりで、社会の調和について議論無し。

2012年、論点は常に他者への悪口。
根本は人口増えすぎ、お互いに隣国が驚異。

1800年ごろ、聖書世界で、産業革命と子供生みまくり、開国植民地政策、人口の海外輸出。
現地人を経済で締め上げ、同士討ちさせ、人口空白地を約束の大地として演出し、開墾や再開発で経済発展させる形で入植。
石油は農薬や化学肥料、冬のハウス栽培を可能にした。
大陸は商売人がえげつない進化してた。

2012年の今、石油で再開発できる土地は開発し尽くした感がある。

人口過剰は相変わらず行進中。人口管理制度が必要。

だが、経済で武器商人は、自分と縁の無い国で、現地人同士討ちの内乱などを誘発し、新しい人口空白地を作ろうとしている。

また、政府上層同士の暗黙の共同作業で、
貧困層を兵隊にして戦地に送り込み、処分する場合もある。

かつて歴史では、1650年ごろ、江戸時代初期は戸籍人数制限があり、子供の取捨選択の間引きがあった。
戦争をしないための間引きだが、人間として子供たちには苦痛だった。
それで1850年からやってきたヨーロッパ型の生みまくり開国植民地政策の、生みまくり当然の国は魅力的だった。
魅了され、江戸幕府も滅んだ。

1000年から1700年ごろ、中世ヨーロッパは、農民は現地人扱い、可愛い娘は修道院で保護、可愛い娘が増えたら農民や商人や騎士に嫁ぐ、格好いい若者も僧侶に、格好いい若者も増えすぎたら城下町で商人に、城下町で可愛い娘は増えまくる、可愛い娘は溢れると農家にも嫁ぐ。これが魅力的だった。
貧困層から可愛い娘と格好いい若者を、救い出す形で集める。保護する。増やす。それを下界に出向させるから、年貢の小麦を出させる。土地も合法で貰える。
かわいい、格好いいは、本能的に恋愛対象。

農民は可愛い娘を妻にし、醜い娘は結婚できず。
農民は格好いい若者を旦那にし、醜い若者は結婚できず。

そんな感じで、
姿形、顔形が良くなっていく。
聖書と関係ないのに仕組みを回している悪徳な裏方と、なにも知らずに聖書と神様を信じて誠意で働く可愛い娘と格好いい若者。

そんな感じ。

1600から1800の江戸では、農家と武士は、有る意味で似た者同士の共同体だし、
そんな娘を囲いこむ鉄壁の城は無いから、
江戸時代は、一揆で焼き討ちされたら、必ず地方自治大名は政権交代だし、お家の取り潰しだし、
大名は評判が地に落ちたら狭い領地に転地と減収だから、
そこまで悪徳な仕組みは無かった。
上流武家や上流お坊さんは、武道や学問で、健康。
田畑で泥まみれ農民や、川の治水で泥まみれの下級武家は、住血吸虫やマラリアなど寄生虫で体力無くす。
それぐらいの差があるだけで、食料安泰だから、身分違いでも互いに人情あった。
役目が違う、それだけ。
ただ上流武家の大名行列には、平伏す義務があった。
無礼や病気の伝染が有ると大変だから。挙動不審だと斬られてた。

大陸において、文化的に知識を積み上げる方法が、要塞と可愛い娘の囲いこみなのは仕方ない。
戦争の規模もデカイ、宗教の縛りもキツイ、人口増えまくりで攻められる悪夢がある。
ヌルイ体制では滅ぼされる危機感。
城壁、その城に可愛い娘を匿う、その娘を守る正義の戦争のための支配体制、仕方ない流れ。

だが石油文明が寒冷地の農業を可能にし、農薬と化学肥料が大地を支配する収奪農法を可能にし、
その変化において、
可愛い娘の人種は優遇される流れになった。
誠意のある娘は、色々な場面で加護の対象となった。

江戸も混血一世代目が雑種強勢で丈夫で賢く見た目良い確率が高く、混血一世代目が明治政府を運営したと思う。

だが雑種二世代目からはバラツキが激しく、虚弱体質や風土病にかかるとか、発育障害で賢さに限界があるとか、問題が出る。

この知識は、品種改良の知識で、
江戸では一部の品種改良を担う専門農民や武士だけが知っていた。

この知識は、大陸では、ブリーディング、羊や犬や馬や牛の品種改良で身に付く知識で、
放牧畜産の世界では常識だった。

裏付けが取れたのはメンデルの遺伝の法則や、1900年代のDNAの発見、細胞分裂の観察など。
だが、昔から、経験で、品種改良していた大陸では経験的に常識だった。


江戸は、鎖国という、流れ着く外国人を住まわせ、帰国を禁止することで、大陸から島国を隔離し、隠し、
外国人には江戸人妻を合わせるなどして、
江戸は遅れている国で風土病で誰も探検家が戻らない国を演出した。

全ては平和社会のため。
大陸のことは大陸に任せた地方自治。

大陸には長崎の出島だけを見せるようにし、
なるべく江戸は隠した。


それで江戸の島国を隠し続け、
1854ペリー二度目の来航で開国条約に屈するまで、
江戸は奇跡的に存続していた。


明や清は、江戸に興味が無かった。大陸の勢力や、キリシタンの反乱、武器商人や麻薬商人などに、問題山積みだった。

ヨーロッパのオランダが、武器商人していて、ついでの偵察で江戸を調べ、そしてバレた。

どのみちバレるのは時間の問題だった。
オランダ人も、江戸の貴重さを残すために、ヨーロッパ知識層に教えた側面があるらしい。


キリシタンの反乱など内戦と、武器商人と、開国植民地政策の支配を受けた明や清は、
白い生糸や製紙の大半を無くしてた。
江戸には白い生糸や製紙、すき和紙が全ての藩で行われていた。


人口制限の間引きという野蛮な苦痛な行為で、文化が上がっていた。

武家やお坊さんの計算、計画ありの制限ありの自由経済の形だった。

江戸末期には梅毒が蔓延してたらしいけどね。


2012年の今、庶民的には兄弟姉妹から間引きをするのは苦痛なことで、民主主義でも軍事支配でも間引きをする国は無いだろう。

ただ、生む人数を制限するのは出来る。

それと、即神仏を見習って、自ら死期を決めることは出来る。

可愛い娘や格好いい若者から順番に尊厳死してしまう可能性があるが、
それは世の中が悪すぎたら起きる優秀短命の自己犠牲現象だと思う。

もし上手な遺族守護がある世の中なら、良い子が次の世代を背負って、1000年間ぐらいで次第に、可愛い娘化、格好いい若者化、優しくて強くて頼もしい化が、ゆっくり進行するという勘がする。


http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/speech10.txt

尊厳死の契約と遺族守護制度、二人産む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と石油節約、経済も全員雇用で




http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/speech10.txt
尊厳死の契約、日本政府と契約し、助けたい二人までに1億円相当の加護のプランを尊厳死本人が設計、
尊厳死の後に守護者10人がプランを遂行する。

尊厳死は食料節約と石油節約になり、日本を健全化してくれる、ある意味で計画的細胞死。

それにより、尊厳死の命で浮いた食料と石油で繋がれた日本国が、国をあげて、
尊厳死した本人との契約のもとに、指定された助けたい二人に、
10人の守護者を割り当て、
尊厳死した本人の考えた1億円相当の加護のプランを実行する。

10人の守護者は、
警察二人、
弁護士から司法書士二人、
検察から科学者二人、
総合診療医二人、
尊厳死した本人のいう善人か、善人免許所持者二人。

善人選挙は、学校の卒業生が、同級生のなかから善人と思う人を10名連記し、上位10%に善人免許25%を与える、善人免許25%四枚で晴れて善人免許所持者。



守護者10人は信用できる大人で、人生を支えるし忠告するし困ったら助けてくれる。


二人生む権利は戸籍に書いておき、出産成功したらひとつ減らして上書きする。
1人の大人が二人生むと世界に残す自分の遺伝子数は1人ぶん。

夫婦二人が子供二人を残すなら、世代の同級生は同じ。
あとの問題は長生きしすぎと、一年間に生まれる赤ちゃんの数。

長生きしすぎは尊厳死契約で命を食料節約と石油節約に使ったぶんを投資のかたちで加護になる。

毎年の赤ちゃん人数制限は、妊娠の登録を届け出順に累進課税の妊娠税で、制限する。
それにより生活保護で産みまくる人は自分で自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。


また、性犯罪者も自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。

これで国民がみんな仕事をもらえるようになり、
出来ることを持ち場にして
安定社会を作る。

それが隣国に伝搬し、
人口適正の安定社会になれば、
食料が安泰になり、
戦争の意味が消える。

戦争の意味が消えると、核兵器の有る無しに関係なく平和に暮らせる。
また、
領土の 拡大の 意味が消える。
隣国と悪口いうだけの茶番の意味が消える。

すべての解決策は、食料生産に対して少な目の人口に我慢すること。

人口増加は経済も過当競争になり、仕事や食料の奪い合い、汚い手段やイジメを生み出す。

食料に見合う人口なら、仕事により食料を買うことで
頑張りが報われ生きていけるから、
イジメの意味が消える。

残りは、欲望が起こす独占欲や性欲や犯罪欲によるもので、その罪人は社会不適格として自給自足の農業独房に隔離すればいい。

尊厳死の契約と遺族見舞金制度、二人生む権利、毎年の赤ちゃん人数制限で、食料と電気節約、経済も全員雇用



尊厳死の契約、日本政府と契約しておき、助けたい二人までに1億円相当の加護のプランを作ってもらい、
尊厳死の後に守護者10人がプランを遂行する。

尊厳死は食料節約と石油節約になり、日本を健全化してくれる、あるいみで計画的細胞死。

それにより、尊厳死の命で浮いた食料と石油で繋がれた日本国が、国をあげて、
尊厳死した本人との契約のもとに、指定された助けたい二人に、
10人の守護者を割り当て、
尊厳死した本人の考えた1億円相当の加護のプランを実行する。

10人の守護者は、
警察二人、
弁護士から司法書士二人、
検察から科学者二人、
総合診療医二人、
尊厳死した本人のいう善人か、善人免許所持者二人。

善人選挙は、学校の卒業生が、同級生のなかから善人と思う人を10名連記し、上位10%に善人免許25%を与える、善人免許25%四枚で晴れて善人免許所持者。



守護者10人は信用できる大人で、人生を支えるし忠告するし困ったら助けてくれる。


二人生む権利は戸籍に書いておき、出産成功したらひとつ減らして上書きする。
1人の大人が二人生むと世界に残す自分の遺伝子数は1人ぶん。

夫婦二人が子供二人を残すなら、世代の同級生は同じ。
あとの問題は長生きしすぎと、一年間に生まれる赤ちゃんの数。

長生きしすぎは尊厳死契約で命を食料節約と石油節約に使ったぶんを投資のかたちで加護になる。

毎年の赤ちゃん人数制限は、妊娠の登録を届け出順に累進課税の妊娠税で、制限する。
それにより生活保護で産みまくる人は自分で自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。


また、性犯罪者も自分の首がしまり尊厳死契約するはめになる。

これで国民がみんな仕事をもらえるようになり、
出来ることを持ち場にして
安定社会を作る。

それが隣国に伝搬し、
人口適正の安定社会になれば、
食料が安泰になり、
戦争の意味が消える。

戦争の意味が消えると、核兵器の有る無しに関係なく平和に暮らせる。
また、
領土の 拡大の 意味が消える。
隣国と悪口いうだけの茶番の意味が消える。

すべての解決策は、食料生産に対して少な目の人口に我慢すること。

人口増加は経済も過当競争になり、仕事や食料の奪い合い、汚い手段やイジメを生み出す。

食料に見合う人口なら、仕事により食料を買うことで
頑張りが報われ生きていけるから、
イジメの意味が消える。

残りは、欲望が起こす独占欲や性欲や犯罪欲によるもので、その罪人は社会不適格として自給自足の農業独房に隔離すればいい。

誰でも良いから助けてください



人口管理と食料安泰にする妙案。

尊厳死と遺族見舞金制度、守護者10人が加護の約束を果たす。

二人まで生む権利、権利の譲渡、売買。

毎年の赤ちゃん人数制限、妊娠税の累進課税。


妙案を通すために世論が必要で。

国会議員の8割を、妙案の賛成者で埋め尽くす必要で。


妙案が出来たら、原発行動隊または一般作業で世のため人のために汚染されて、尊厳死して、その願いで次の世代を担う年下の知り合いに加護を渡す。

そのあと食料自給率が回復して、経済が回復して、
それをみた近隣の外国でも世論が味方して、
近隣の外国でも食料自給率が回復して、経済が回復して、

平和安定社会になり、
300年後には、

友人や家族みたいに改善しあえる協力関係となり、

平和において砂漠で国際研究が共同で始まり、

自給自足宇宙船や自給自足防空壕ができる、

そのあと地球の軌道変更で太陽終演のとき脱出できる準備ができ

地球そのものがスイングバイして他の銀河系に引っ越せるようになる、

それから宇宙人たちと電波や記号で対話しながら平和宇宙の仲間入りして

それから宇宙の仕組みがネタバレして

神様が許してくれて

神様の国の民に仲間入りして

永久に沸くエネルギーを管理するようになり、

土地も新しく生み出せるようになり、

もう欲望は全部叶うようになり、
苦しむ野性動物をすべて救い無限の増殖を叶えてあげるようになり、

そうして宇宙の定常状態が変遷して、

新しい宇宙の法則で生きるようになり、

苦しみを夢に流せるようになり、
努力は報われるようになり、

宇宙全部をみんなが好きになる。

そのために誰でも良いから助けてください。


http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/index.html
0

人口管理と食料安泰の妙案、尊厳死と遺族見舞加護、二人まで生む権利、毎年の赤ちゃん人数制限。



人口管理と食料安泰にする妙案があります。

尊厳死と遺族見舞金制度、守護者10人が加護の約束を果たす。

二人まで生む権利、権利の譲渡、売買。

毎年の赤ちゃん人数制限、妊娠税の累進課税。


石油の魔法により生かされてる、戦後のラストチャンス日本。

石油あるから木炭不要、雑木林を畑にした。
石油あるから農薬も化学肥料もたっぷり。
農産物の倍増は、収穫を人口3000万人ぶんから、人口5000万人ぶんまで増やしてくれた。

でも、日本は、子供を産みまくられた。
人口は過剰、食料輸入、そのための輸出。

物価格差の経済に依存、
物価の安い貧困国から材料仕入れ、
経験による品質良い製品を、
物価の高い富裕国に売る。

もう日本は、世界一の物価の高さでも、
まだ北アメリカの富豪や、8人産むような増加一族に、
製品を買ってもらってる。

生かされてる日本、石油依存症の日本、
経済依存症の日本。

まるで戦前の日本と似ている。

人口過剰を、
現地人同士討ちの空白地の再開発の入植という人口輸出で、
どうにかやりくりする、
その経済に乗ってるのが似てる。

だが、石油を止められたら、経済開発は無理だから、すべて狂う。
食料不足、都市部の売上低下、食料流通まひ、
それが災害の引き金。


はやく食料安泰の安定社会を作るべき。
ヒントは即神仏、尊厳死。
遺族見舞金や加護の弔いかた。

お墓には骨だけだ、
お墓を守るより、大事な子供たちを守りたい。
老人の尊厳死を尊重したい。

遺言とか、いつから相続争いだけの無駄なシステムになった?

本当の遺言は、

僕たち私たちのぶん食料が浮くので、みんなで仲良く配分して、来年の収穫まで仲良く生き延びてください、

これが本当の遺言。
0

みんな気づいて



尊厳死による死ぬ権利、夫婦が二人まで生む権利。

石油の農薬と化学肥料と暖房で倍増した農業生産。石油依存社会。
日本の国土で5000万人にするなら
100歳まで生きるなら毎年の赤ちゃん50万人制限。
日本の国土で5000万人にするなら
50歳まで生きるなら毎年の赤ちゃん100万人制限。

即神仏や尊厳死により食料不足に対処してきた歴史。

【僕のぶんの食料が浮くので、みんなで分けあって来年の収穫まで生きてください】

という心。遺書。


尊厳死してくれた人格者の指定した優秀な子供を、遺族見舞金で保護する感謝の気持ち。



人口増えすぎの原因は産みすぎと長生きしすぎ。
食料不足の原因は人口増えすぎ。
戦争の原因は食料不足。


石油があれば加熱調理に石油を使う、だから雑木林を畑にして食料が増えた。
石油を頼りすぎなのを気づいて。

石油を点滴し続けてる入院患者のような日本は、
石油でギリギリの農業と工業を回してる。


石油はアメリカの口利きで中東からもらってる。

1929から1941もアメリカは石油を売ってくれてた。ブロック経済は輸入制限で、製油輸出は続いてた。でも、
1931満州事変、1937日中戦争で泥沼化して
明治系昭和政府の評判が地に落ち、石油の禁輸。
それからずっと
明治政府よりダメな状態だった。

気づいて。
人口を抱えすぎることが間違い。
http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/index.html
0