アマガエル西伊豆で

画像


西伊豆で田んぼのそばのお寺の本堂の階段の手すりに
アマガエルが居ました

昨日が曇り
今日は曇り時々雨

12時頃からフェリーに乗って一時間で清水にいって数時間東海道線で帰るみたいです。
0

画像



クズというツタの仲間の草のお花を携帯の写真でとりました
0

多面体リボン折り

画像


20面体の正3角形を底面に直角二等辺3角形へこみ三角錐

へこみ多面体は20面体の線がでて綺麗です

細長いリボンにした紙を
3角形に折り続け
何本も用意して三本交差で竹細工のように編んで、糊付けで固定します

写真のはA4用紙を1cm幅に切って6本をひたすら折って組み合わせたものです

高校時代は
『リボン折り』の本を見つけて
有隣堂で大きな画用紙を買って
五センチ幅ぐらいのリボンにして
洗濯ばさみで固定しながら組みました。

最初はふくらみがた多面体を作りましたが
へこみもできるんじゃないかと挑戦して
さらに
正3角形の部分を小さな正3角錐4つとか
9つとかで平面編みしたようなもの、大きな多面体をつくってのど自慢の飾りに使いました。
0

まんじゅうこわい大作戦




同時に三通のメールが届き
文面通り床屋に行き

従業員さん三人いて
ひげのない仏っぽい男性
なにも言わない天使っぽい女性
白髪の悪魔っぽい男性

僕『すずむしの声が聞こえます』とか話し
仏「悟りましたね」
と言われ
僕『はい(悪口言うより身近なところでお金を使おうと思うようになったし)でも悟りきってはいません』
【はいと返事したことが今思えば一大事おそるべき言葉の魔力】

悪魔っぽい[でも悟りきって無口な人はつまんないよね]

僕『僕は悪い未来を回避しようとしてネット右翼みたいなインターネットをしていたんだけどテレビで中国の農村が一夜で消し飛んだのを見て僕のせいで無実の人が犠牲になっちゃったかもしれないんだポロポロ』
三人とも涙目
仏「たくさんたべてくださいね」
と言われ
僕『はいでも食べ過ぎても食べなすぎてもいけない』
と答え

僕『また来ます』と言うも

三ヶ月後また行くと
髭のある仏「あなたは今まで来ていません」

三通きたメールは一通しか残ってない
パラレルワールド
ゲームsteins;gateの世界線
+--+--+--+--+--+--+--+
まんじゅうこわい

と言うと

意地悪な世界は
まんじゅうをくれる。

+--+--+--+--+--+--+--+

鬼たちがみんなご飯に化けてたらこわいな

と思うと

意地悪な世界は
鬼のともぐいで自由になる。

+--+--+--+--+--+--+--+

でも僕から見てイヤな鬼たちは他の場面で必要だったかも。

+--+--+--+--+--+--+--+

ダッシュで逃げたとき
<もうもどれないぞいいんだな>
と言われても
走り続け
陸橋にあったデカビタCは飲まずに飲まず食わずで迷子になって結局警察に自宅に送ってもらおうとしたら
{無しです}
それから細い道を抜けてスタート地点へ

+--+--+--+--+--+--+--+
なんでかまってくれるの

元気になって欲しいのっ
背中ばんばんばんばんっ

これで一気に世界が変わる

僕から見える世界は
謎の山

これは僕の心象風景なのかも

僕の正体は人間ではなく
プラネタリウムで人生ゲームを遊んでいる透明なスライム
かもしれないし
そうじゃないかもしれない

+--+--+--+--+--+--+--+

死を覚悟したとき
そうかもしれないしそうじゃないかもしれないと思いなさい
と言われてから
じっとしていると汗をかくたぶん地縛霊になり


誰かに話しかけられたり、すこし歩いたり、たくさん食べると静脈が細く消えるようになり

背中をさすられると大量の小便が出て

たくさん食べてるのに大便は出なくて

下痢するはずの牛乳も下痢しなくて


(僕は人生最大のイベント成仏試験に落ちて人生勉強やり直しの刑にあっているのかもしれないしそうじゃないかもしれない)

+--+--+--+--+--+--+--+

地縛霊の僕が見ていた世界は永久に生きられるけど喉が猛烈にカラカラに乾燥して苦しむナニモシナイデと制限される偽物世界

今は本物世界で

食事を減らすと風邪をひく
牛乳は飲むと下痢をする

たんぱく質をとると静脈が太くうきあがる


人生勉強やり直すしかない

もう地縛霊勉強は懲りた
0



最近、ネット検索して、そうかもしれないと思ったことを。

五感で認識してる現実が実は虚構、またはゲーム、またはシミュレーションという説。

僕は人生を3才か4才からやり直してるかもしれない。

裕福な家庭で見た目がよかったならば人生でうまく立ち回れた、だから次の人生では能力より見た目に数値を割り振って再挑戦。



この世界が一番現実的に思えるし夢は理解できないけど、この世界のことは起きれば思い出せる。


思い出せるから現実だと思ったけど、いくつか気になる点がある。

小学三年で事故を起こした夢、
自分で自分の首を絞めた夢、
飛行機の操縦席を見学した夢、
買い物しようとして崩れ倒れた夢、
刃物男に肩を捕まれた夢、
恐竜に追いかけ回された夢、
遭難して起きたら化け物だった夢、
海を泳ぐときに隣にクジラみたいななにかがいた夢、
きぐるみと軽トラックと鬼ごっこした夢、
枯れた畑に作物を植えようとした夢。

夢では目が悪い。
夢では五感が弱い。

夢の中で現実の気持ちで行動して、思うようにうまくいかなくて目が覚める。

夢でも妄想を見ているし、もしかすると現実でも妄想を見ているかもしれない。

結論は不明。


夢だとしても冷静に対処できたらいいな。

確実にできることをしよう VS 失敗を許して前に進もう

確実にできることをしようと思ったら、たとえばトイレに行くときも二人でとか、町を歩くときも二人でとか。

失敗を許して前に進もうと思ったら、たとえば技術開発で失敗続きでも続けるとか、町を歩くときも一人でとか。

一人だとカツアゲされて財布出せって言われそう。僕は財布を出す臆病者。

2013年2月に一日一食で死線を越えてから運の悪いことが起こりすぎて参った。

仮説だけど

人は死ぬとすべての縁を無くしても、本人は生きて人生を最後まで続けていく。

一部の他人の姿と名前は違うものに入れ替わり、似て非なる世界を生きていく。

自分の過去話が無かったことになり、遊んだことも僕個人の記憶の中だけにあって、他の人は知らない。

時間とともに世界は分岐していって、死線を越えると別の分岐先にジャンプする。

本やアニメや映画の評判が、人によってぜんぜん違うのも、作品が手抜きの世界と手間かけてる別の世界があるから。

自分が見てる世界と、他者が見てる世界が違うかもしれない。

透明な空気にまじめに話しかけている老婆を見ると、老婆にはちゃんと相手が見えているのだろう。

それを個人の固有世界というか、個人がボケたというか、複数の受け止め方がある。
0

一夜城(150KB)

画像


+--+--+--+--+--+--+--+
サンキューサンキューありがとう〓差出人〓 益村 正周

画像
画像
0

判ったことは妄想ぶくみ



判りきってしまうなんて無い。
判ったつもり。
飽き無い楽しみは妄想感覚。

良く判ら無いとナゾナゾハイテンション。

見飽きたエロ漫画でも、
くらがり髪型だけ
想像補完すれば
顔とか見えないぶん美人に見える新しい感覚。

花を愛でるとき
距離や角度
山の秘境にあるから皆が見たがって価値を感じる。
鉢植えは紙幣でやり取り、子供に怒られそうな感じがして価値が減るような。
手に入れたとたんに高値の花が霞むのは、自分みたいな駄目ポンに所有されるからとか。
あー、自己存在と目的矛盾、願い叶うと別の苦しみが現れる。


ぶすと付き合うなら目は悪い方がいい。
暗くすればいい、髪型勝負。
声も悪いなら手足のしぐさやポーズ。
手足も動かないならぬくもりしょうぶ
心が判るような状況にすればいい
0

連続変化。細胞ナノマシン仮説。



まー、想像。

動物の象、カバ、沼ネズミ。

キリン、馬、鹿。

進化は連続変化。
向きは多方向。

遺伝子獲得手段は、破損と再生、食べ物から接触感染、遺伝子融合とか。

ワインは美少女の足踏みブドウ。
ヨーロッパ人ぷにぷに。

日本酒は老人の手揉みコメ。
日本人しわしわ。

酵母菌が人間の遺伝子の一部を運ぶ可能性。

生物の権力構造、幹細胞。

偶然すり抜けて幹細胞が変化や学習して新遺伝子を受け入れたら変身しそう。

幼稚園で牛乳パック牛乳を吐いた子がいて、腐った雑巾で拭き掃除した最中に僕も吐いて涙目。
何か移った。

さわると移るもの。
生きている細胞。


人格者の爪の垢を飲ませてやりたい、の意味。
大名のうんこは良い肥料、野蛮な囚人のうんこは悪い肥料。

大名は良いもの食べて肉由来だからとか、囚人は悪いもの食べて草由来だからとか、言われてるけど、
大名は姿よく賢いやくざみたいな存在で、
あやかりたいから、とか。

草食は自由思考とか。
魚食は直感思考とか。
鳥食は骨軽くなるとか。
小型家畜食は小型になるとか。
大型家畜食は大型になるとか。

顔が馬面、うしづら、目が横に飛び出ちゃうとか。

共通の遺伝子があって
スイッチを入れるだけで
姿が似てくるとか。

スイッチ入れられると
強制的に流れが変わるとか。

生態系の弱肉強食がゆるい場所の食べ物だと性格もゆるいとか。

悪いことばかりの場所の食べ物だと悪いスイッチが入るとか。

仮装しなきゃいけない理由とか。

まあ数日以内の短期実験じゃ再現確率が低くて、証明不可能の、空論だけど。


きれいになりたいなら、きれいなひとの食事を真似るか、その人の手料理を注文して何十年も繰り返し手垢を食べること、とか。

お米を研ぐのはお母さんのイメージなのもそれか。とか。

苦しいのは
食事内容が不安定とか
食べ物の由来が悪いとか。

短気な動物を食べると短気になるとか
臆病な動物を食べると臆病になるとか
見て見ないふりする家畜を食べると見て見ないふりしちゃうとか。

その情報を破壊できるのは
加熱や重金属

でも壊しきれない。

戻し交配では、亜種との雑種に片方を繰り返し交配して、良い一面だけ学習して、少し変わったぐらいで固定する。

自分の幹細胞が外界からの情報を選択して
良い一面だけ学習して
とりあえずの自分を練り上げるとか。

重金属は
自分のバックアップコピーを崩しちゃうとか。

精神が不安定じゃなくて
幹細胞が不安定とか。

まー、想像。
0

義務化と発展、虚偽と衰退



まー、想像。

この技術世界どうやって発展したんだろう。

身分制度とかで先祖代々に真似してきた。

決まってるし
仕方ないし
当たり前。

ところがどっこいしょ

子供に綺麗事を教えて
一時の夢を見せちゃう。

現実は苦しい。

ブッダの昔話では、クシャトリア階級で貴族や武士に相当していたのに、貧困を見て恨まれてるのを見て、話が違いすぎてて、出家しちゃった。

見せ無い、隠す、それは騙す、でも子供は知ら無くて、笑う。


いじめ、とは、臆病風の集団心理。
教室のごみ拾い気づいた人が気づいた時に、の方針は、気づいても素通りする目の悪い振りする人ばっかし。

ある種のコスト競争でサービスけちる意味で合理的な損得計算。
ごみ拾うと病気になるリスク。

いじめに介入して叫んでも
泣いても
先生すら傍観者だったりした。

もうめんどうくさいから、
ごみ拾う
そうじ頑張る
いじめ顕在化アピール
進んで学校システム隠蔽体質と対立
進んで問題児
進んでへんてこ
進んで出る杭

で、それでも徒労感。


結局
恋愛の告白して振られたような人とか
すごいヤバイ心理。
結局
平等の認識も人それぞれ。

僕のやったことは、
僕によくしてくれた人に恩返しする方向。
アトピーでも健康扱いしてくれた人に恩返しする方向。
勇気を出して行動した人を評価する方向。

で、あとは自己実験。


でも
初めからアトピー嫌いな子とか居た気がする。
初めから容姿に自信無くてテレビのアイドルと比べてださいとかで勇気も行動も湧かない子とか居た気がする。

誕生日会を一回だけやってみた、次から止めたから誰も呼んで無いのに、「俺を呼ばないのは差別だ」とか思われる。

決めつけスゲー
もう無理だ


今の社会も決めつけスゲー。
身分差別主義は有能と無能が逆転してデタラメだから駄目だった。
身分差別と能力主義は、少し良かったけど、強大な資本の軍勢で負けた。

資本と軍事主義は、百個のやくざの抗争みたいな感じで、集団の力関係のバランスでいじめ黙認系になって駄目だった。
本陣を乗っ取られたり、操り人形にされて駄目だった。

資本をバラバラに、軍事をバラバラに、身分をバラバラに分割して、互いに会社一個がやくざ一個ぐらいの状態にしたら、
嘘ばっかし詐欺ばっかしで、
お腹の中の赤ちゃんが一番幸せみたになった。

いつ事故ってもあり得る。
いついじめられてもあり得る。

あるいみ最大ストレス負荷の状態で普通。
でも最大ストレス負荷を感じてると勉強も身が入ら無い。
だから目を逸らすように、子供の学習時代は綺麗事を並べてる。

絶望した子には、
受験すれば道は開けるよ、とか希望を与えて
勉強させる。
受験のあと絶望していくと
希望を持ちにくくなる。
何をしても駄目な気がする。

僕は
いじめに立ち向かえとか言え無い。だって勝て無かった。

嫌な感じが延びた。

むしろ、いじめから目が逸れるように、嘘でもいいから楽しいつっつきあいでもしてるほうが得策。
部活がもし楽しかったらどうだろう。
縄跳びがもし簡単で誰でもできたらどうだろう。
実際には無理だけどさ。


僕が幼稚園のとき
手は指あかぎれ十個ぐらい。
絆創膏、皮膚白くなり腐った臭い。
包帯してたときもある。

そうしたら
「ほうたいかっこいー。かして」とかゆう
小さな英雄が居た。

おもしろすぎた。
「やだ。僕の包帯だもん。んー。汚いよ。んー。病気移るかもだよ。んー。はいどーぞ」

そいつは覚えて無い。
覚えてる、記憶を繋いで復元ストーリーを見れるのは僕だけ。

結局
それぐらいが関の山なのかな。

武器を作っても鬼に取られて鬼に金棒。だから武器なんか作ら無いほうがいい。

いじめも根元はテレビとか恋愛とかのストレスの捌け口だろうし、根深い。
やめろー、で、やむレベルじゃ無い。

貧困も
出産制限したら良さそうだけど
誰もしない理由は
生みまくって泥沼でのしあがる人がいるほうが庶民がびびるし、資本主義としても庶民が無計画に生んで苦しむ方が労働が活発化するし、きつい汚い危険な仕事を引き受ける人が増えるし。

貧困消してノンビリしてたら
悪徳軍隊にごっそりやられちゃう。

どうせ今の社会でもあるんだろうな。生まれたときから義務付けられてる社会維持システム。
僕はその一角は貧困の家庭を演じる公安警察みたいな何かだと思う。

その恨みは行く宛が無いから僕に落ちる。

子供の比率を増やす。健康な移民を受け入れる。生活水準を下げる。



子供の比率を増やす。
老人や夢破れた大人の尊厳死契約と引き換えに守りたい人を国が守護する。

健康な移民を受け入れる。
世界統一政府の大きな力に合流する。

生活水準を下げる。
安い遊び方を追求する。
農作物や水を使って作れた精密機械を世界統一政府に上納する。

とにかく子孫を残したあとは沢山働く。

世界統一政府の軍門に下る。

夢のある世界統一政府の姿が見え無い。


地下水という目先の魔法で地下粘土層に穴を開けて水が深く逃げている砂漠化。
石油という目先の魔法で工業を回す都市部、石油に比例する軍事。
仲良くできるなら良いけど、偏見や戒律の違いで喧嘩になる異民族。

無理矢理に生活を変化させたら、人生計画で予定外なので、悪い感情につながる。

日本には既に異民族の血は入ってる。
すでに人口過剰で、受け入れるには空きを作らなきゃならない。

不妊の悲しみや一人っ子の先細りは進行してる。

老人が尊厳死契約して、健康な外国人を受け入れる、仕方ない流れ。
でも
地下水に手を出したら日本も砂漠化する。
鉱山開発をさせられたら足尾鉱毒、別子鉱毒。
科学プラントでも水銀水俣病。

受け入れたいが、
滅びにつながる破壊文明だけは勘弁してほしい。

日本の岩石は鉛で、鉱毒だから水田の選択になる。
毒を減らすには牛を飼い、肝臓と神経に濃縮させ、手足の肉をステーキにするしかない。

でもそれじゃ、日本で養える人口は古代縄文人300万人レベル。

水田の大豆と米と雑穀で、やっと江戸時代2000万人レベル。

さらに気候変化を対応しなきゃで、おそらく苦難の連続。

地下水をやめて、川から水引だけの生活に戻ってやっと農業が成り立つ。

地下水に依存は大地をひび割れにする。

多細胞生物の人間を自己管理できている。
多人数集団の村を自治できている。
多人数集団の国を自治できている。
多人数集団の国連を自治できている。

ならば許せよう。
喧嘩する国連には仲直りを提案。
自然破壊する国には高レベルな知的管理を提案。

地下水汲み上げする村には資源分配とか人口管理の尊厳死と守護制度を提案。

不摂生の不安定な人間には規則正しい生活と体制への貢献での人生を提案。

ああ、そうゆうことか。
0

Fw:血筋か。泥と訓練筋か。



人間は粘菌に操られる仮説。虫も。
感化されるのは何かが移る、とか。
遺伝子情報が移る、とか。

泥にまみれることによって
微生物の遺伝子がたくさん入る、とか。

訓練によって
耐えられない細胞が淘汰され
削られて
一時的に調子よくなる、とか。

そのとき人は人格者として人の上に立てばよい。

こつこつならば
人格は長く続く。
いつか人格悪くなったら
やめて
泥にまみれて遺伝子増やして訓練し直せばいい。

ただし、粘菌は感染増殖本能があるので
自部屋にいたら平気なのに他人といたらエッチして相手に移したくなる、とか。
ので、国際交流は予想外に犯罪誘発で戦争問題になる、とか。

個人の遺伝子の経年変化を確認できればこの理論確定路線。

それと墓を暴くとか、死者の細胞にまみれると
また遺伝子増えすぎるし
似すぎたら乗り移りみたいになるから
危ない、とか。

それで火葬したら防げる、とか。

これなら
宗教に感化されるとか
カブトムシやクワガタやカナブンに感化されるとか
性欲やら本能やらが説明つく。

子供少なすぎる人間の進化方法も。

沼や海で、微生物がへんてこ遺伝子てんこもりに新種遺伝子を獲得してる、計算上。

虫や動物の遺伝子に送り込んでくる、共生関係や寄生関係や細胞融合、とか。
そのあと多細胞生物内部での自然淘汰で
遺伝子は減っていくんだけど
個人の潔癖性や訓練で
生き方に合わ無い遺伝子が抜けていき
まあまあ適応した状態を経由して、人格者、
さらに厳しく訓練すると遺伝子減りすぎてボロボロに、とか。

これなら海や沼に関わると視野が開けることになるし、
エロ犯罪サークル・エロ宗教が被害者を抱き込んで増殖する理由になるし、
エロ犯罪者の遺伝子検査が違う時代に違う結果に代わり冤罪になることになるし、
善人が悪人に、悪人が善人にコロリと変わる理由になる。

うわ辻褄が合いやがる!

僕の感覚だと
カブトムシやカナブンやハナムグリは、何か女性をめぐる争い要素やエロ要素を移してくる感じがする。

あとは何の生物が感化元か、わかんない。

リスや猫に関わると個人主義やエロ要素みたいになったり?
犬に関わると主従関係や連携集団やエロ要素みたいになったり?

細胞分裂35時間周期、骨とかは破壊と再生が遅いから1年単位で休眠してる。
ということは、
幹細胞を鍛えて
人間社会に合うやつに削り出すみたいな感じで
幹細胞が消えたら駄目だから
こつこつ
規則正しい生活
幹細胞がまあまあな人格者の時に一年二年と経過すると全身人格者。
で、こつこつ規則正しい仕事ならできるかな。

これで無理するとせっかくの人格者が壊れて
また訓練のやり直し。

赤ちゃんは免疫が弱く何でも受け入れる時期があるらしい。
子供時代は頑張れば計算や暗記ができるようになるらしい。

老人は堅物でガミガミ、またはノレンに腕押し、はい?はあ?あれ、えっとあれ?まあまあ、えーじゃないか、笑えば良いのじゃーのノリ。

訓練も勉強も削り出しみたいなもんなんだろうな。

悪人に関わると向こうから感化されそうだし
善人に関わると向こうへ悪いもの移しそうだし

とにかく自然にまみれてからの部屋勉強や部屋訓練がいいんだろうな。

みたいなっ?
まあイメージ、妄想。

赤ちゃんが泣くのは免疫弱くて崩壊しちゃうからかな。
若者が苦しむのは削り出しで可能性を失いながら形にあわせるからかな。
老人が苦しむのは削りすぎたり昔の削り歴史を引きずってるからかな。

人格が変わるのは粘菌や寄生虫や幹細胞が変わるからかな。

腸内細菌が良いと生命力が上がるのは
遺伝子やり取りして欠落を補うためかな。

沢山の微生物の中に何か隠れてる才能を採用してる感じ。

みたいなっ?

でも遺伝子撹乱の比率低そうだし、遺伝子採用の方向についても微妙だし
それで手近な形で自由恋愛とかエッチ相手の採用試験とかやってんのかね?

感覚じゃ、まみれた泥や、食べたものから少し移ってる気がする。
で、無菌室で、
塩基配列の元と
アミノ酸と
脂肪酸と
ブドウ糖と
ビタミンと
ミネラルと
水と空気と布団と勉強だけだと削り一辺倒で病気になる感じがする。

東北の虫は大人しく手で捕まる赤とんぼ、
四国の虫は警戒心高く近づくだけで逃げるシオカラトンボ。

東北の人は大人しく。
四国の人はケチ、短気、危ない感じ。

寒すぎると、自然災害で助け合う風土なのか孤独際立つ人大事感なのかもだけど。
暑すぎると、水利権争いとかピリピリだし鉱毒や工業垂れ流しヘドロで対人感情悪化なのかもだけど。
僕は、何かの生き物が大人しく天寿を全うするのを見たあとなら自分も大人しく受け入れられる気がする。
でも、何か悪い人が生き延びるのを見たあとは、損な気がして天寿を拒否する気がする。

鉱毒と亜硫酸と重金属の推論



テレビで昔の銅山鉱毒のまとめをやっていた。

まだ赤茶けた山肌だった。

小学校の時に社会科で集団見学した。

記憶ではまあまあ雨が降っていたけど。

テレビは赤茶けたまま乾燥していた。
場所は関東平野の上流。
冬場はからっかぜ、乾燥。

おそらく、
水分が抜けて、高濃度の重金属と硫酸と硝酸といった不揮発成分が植物を枯らす。

対策で思い付くのは、
常時灌漑の水浸し栽培とか、重金属と硫酸と硝酸に強い植物栽培とか、高濃度木の実の収奪と廃棄と隔離による毒素の低減。

日本の関東ローム層は赤土、鉄分過多で、たぶん鉄に強いのは松、桜、梅、リンゴ、柿、大豆。
推定の理由は、松の実の鉄含有量、バラ科アーモンドの鉄含有量、大豆の鉄含有量。

硫黄に強いのは、たぶんイチョウ。
推定の理由は、イチョウの銀杏の硫黄含有量と、イチョウノキの水分含有量。

硝酸に強いのは、たぶん水田。
赤土に魚粉由来の硝酸肥料を過剰投与したら、同じように赤茶けた枯れる鉢植えになった。
たぶん、生物を使うには常時灌漑で水浸しが必要。

畑は夏と冬の乾燥で枯れるが、田んぼは水浸しなら、植物生態系が保つ。

日本の大地を枯らせたのは鉱山で、たぶん大和朝廷の大仏建立からずっと文明病として鉱毒があって、
そこで鉱毒を解決したのが江戸幕府による全面田んぼでの、土地改善。

そして水利権講和条約のための天下布武。

江戸の関東平野の緑地化に成功したことが江戸幕府の自然共存技術革新だったんだろう。

だから江戸幕府は栄えた。

だが、
明治政府は近代戦力のために農業否定して軍事強化しなきゃいけなくて上流で鉱山やっちゃって
すべて根底から崩れた。
そんな推論。

ちなみに、不揮発の酸、硫酸は、乾燥すると濃硫酸になり酸化反応で有機物を黒く焦がす。
硫酸対策には大量の水浸しが必要。

稲作の簡略図

画像


籾殻を外すと玄米。
生の玄米は胚芽が生きてる、二年ぐらい。
芽と根が生える。
大きさ5円玉比較。

大きくなると実がつく。

鎌でざっくり刈り取る。

せんばこき。
茎を挟んで引っ張ると、種籾(たねもみ)が取れる。

ふいご。
風を出して重さ別にして
籾殻や葉っぱかすを飛ばす。

次の年、苗作り用は水で沈む重めな種を選ぶ感じ。

今は、県営の農業試験場から苗を買う、田植え機械を買う、田に植える、農薬と肥料を買う、収穫機械を買う、収穫する、農協倉庫に渡す、半年後に農協倉庫から農家名義の玄米袋が売れたら農家に売り上げが入る。
0

文明とインクと重金属

画像


幼稚園
クレヨンで、お絵描き。
絵の具を素手で、手形 足形。

小学校
彫刻刀で版画彫り、黒インクで版画。
絵の具を素手で、手形、足形。

中学校
絵の具を素手で、手形。


学校とインクと重金属。

文明を子供に学習させるとき、文字や絵が必要。
色素が必要。
草の汁、血、炭とか。
大量生産で均一なのが、合成インクとみた。

契約書、証明書、お知らせ、新聞、教科書、ノート

文明が有機生命体と相性が悪い。


鉛筆の持ち手をかじって歯形を付けるのも
流れとしては手形足形に通じてた。
自分を犠牲にして確かめてみる、やってみる派。
ちょっとなら直ちに影響は無い。
病院送りになったらやばいって判るじゃん。
死んじゃっても良いもん。

感覚では、世間に居場所が無い。
赤ちゃん時代がぬるま湯100%で。
幼稚園前がぬるま湯90%で。
幼稚園がぬるま湯50%で。
学校がぬるま湯30%で。
大人社会がぬるま湯1%で。

家庭内もだんだん居場所が無くなっていく。

滝壺や段々の滝で落ちるイメージ。


****
話題の視点が違うけど
空間のそれぞれの見えかたが人それぞれ違ってて
最適解を望むとバラバラだったりして
まとまるのが無理な裏設定だったりして。

ゲームで景色を自動生成してればありうる。

*****
田舎の農村から働き手が都市に集まる。
都市でベンチャーしたり、労働の頑張りで生きるの大変でも残れば、別の見方だと間引きで残れたのと同じ。

都市で貧困にあえいで早死にしたら、残れなかったから、別の見方だと間引きで消されたのと同じ。
都市部で暮らすと、身の安全や人生予測の確定感があるけど、確実にじわじわ健康を失う。

田舎で暮らすと、不確定要素が多いけど、もしかしたら、遺伝子保全とかで健康のままかもしれない。

じゃあ田舎いいなって思っても、リゾート開発や工場垂れ流しとかあるかもだし。


影響力や主導権があるのは都市部だけど
滅びも確実なのが都市部かも。


はっきり良い方はコレだっていう暮らしが無い感じ。


****
トンネル釣天井の崩落とかで、これから修理や建て替えで、社会全体でやること一杯あるな。
トンネル、橋、ダム、堤防。
ビル、塔、マンション、一戸建て。
上下水道、ガス管、電線、電柱、鉄塔。
工場、浄化装置。
有害廃液の保管。


****
新しいのをスペアで横に作っておけば、
道なら切り替えていける。

一本の道だけだと、常時使うから工事や修理が難しい。


働き手も、スペアで余分に雇っておけば、病気とかも休める。
余分が無いと、休め無い。

でも短期的に経費節約で、収益あげて店じまいするなら、
修理も建て替えも考慮しないで安く売り抜けて終わりにするほうが安い。

世界を長く続くものと思えば
修理や立て替えを考える?

世界を夢幻と思えば
競争して勝てるまで安くして欠陥商品止まり?


*****
パソコンも
プリンタも
壊れたら代替機が必要。

修理するにも新品を買うにも。

スペアが無いと、修理や購入まで、活動停止。

****
ダムとか土砂で埋まってきて
一回干からびさせて土砂を運び出せば良いとか思うけど
横にスペアが作れないし
困るよな。
上流か下流に同じサイズのダムが作れるとかも望み薄そうだけど。

****


ところで
玄米でいつまでも緑色の粒があるんだけど…
着色?

古米のはずで、
緑は茶色になると思うけど。

あでも、畳表の、い草とか緑だし牧草も乾燥して緑を保つし微妙か。

着色米とかだったら毒だよなあ…
200mlで30粒ある。
どうなんだろ。

あと黒ずんだのはカメムシに吸われたと思うけど

まさかバッカク菌とかじゃないよねえ?

お米はバッカクつきません、の定説も、お米の品種改良で麦の遺伝子混ぜてましたのオチだったら深刻な安全詐欺になっちゃうし。

髪の毛の金属検査で砒素警告。絵の具だろうな。

画像


ネットを見た感じ

[絵の具、重金属]

どうも重金属絵の具が出回ってるとか。2004年から2010年でも。

写真は1997年ぐらいに中学で作った工作のマギ箱。
色は必ず塗りたくれの指令だった。
まーたぶん自己実験で黄色系のカドミウム出るかな実験したな。当時の思考は消えてるけど。

エメラルドグリーンで砒素らしい。

なんか図画工作の思い出を残すとヤバイっぽいね。

あとは
鉛筆かじり。
幼稚園か小学校時代に、自分の色鉛筆をかじってたんだ。
塗料の変な苦い味がする。

あとは
布しゃぶり。
自分のトレーナー手首とか
自分の手提げの持ち手とか
塩味がしたから。

あとは
自分の足の指なめ。
塩味がしたから。

どんだけ野生児になりたがってたんだろ。


というかたちで
砒素だけ引っ掛かった。
高濃度の中濃度側。

マギ箱の表面を彫刻刀で削り取ろうとしたけど
粉が飛ぶのを確認して中止。
どーすんのコレ、状態。

まあ捨てる方向。
でもネジリ釘を使ってるし
木の箱は湿度管理とかまあまあ良くて好きなのに
他に木の道具箱なんか無いし。
あ、おそう麺の平たい木の箱とかに金具か紐をつけて、ダイヤル鍵かけれるようにすればいっか。

しかしベニヤ板もったいねーなー。
中学で使う絵の具が毒とか
経済損失だよー!

あー
成績無視で
色なんか塗るんじゃなかったなー。
木のままにすればよかった。
上手くすればカンナかければ、新品同然?

でも絵の具着いてると粉が飛ぶからカンナ無理。

え?近所の通行人に吸わせたら殺人事件じゃん。

てか僕の寿命またひどく近づいたんだけど直感。

画像

法案

自作で法案を作ろう!の方向(選挙は断念の方向)


電子政府の総合窓口 イーガヴ(国家機関公式)
各府省が提出した法令案
http://www.e-gov.go.jp/link/bill.html

衆議院 議案の一覧(国家機関公式)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

法令データ提供システム(国家機関公式)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi


法案作成について、
誰かの個人サイト(検索キーワード”霞ヶ関を目指す方へ”で見つかる)を見た感じでは、

1、論文のように、理由と法案をセットで、法律案の原案にする
2、上司の納得を得るために修正し続ける
3、上司の上司、そのまた上司に上がっていく
4、ほかの省庁での検討で、拒否権が不発だったら国会にあがっていく
(タイムリミットありの質問攻めで200問がくると駄目になる法律があって、質問攻めされたら駄目になって、手詰まり。)
5、法案提出の国会議員が、質問攻めを受ける。
(国会議員のやりとりは、一般議員が質問するだけ、提案議員が質問事項を答えるだけの形式という法律があって、プレゼンも何も不可能)
(だから、意義も熱意も不発で、下手すると野次られるだけで終わり。)
(だから、直前に多数派工作の根回しで、国会議員にプレゼンして回っている、らしい。)

ということで、
たぶん、
2.3.4.5あたりのチェックが変な状態になると機能が悪性変異する。

上司の善人度は?
省庁の質問攻めという拒否権の善人度は?
国会議員の善人度は?



あと、Wikipediaで検索した感じだと

立法機関(国会)・・・多数決で法案の可決・否決する

行政機関(中央省庁)・・・陰で法案を書いて、既存の法律との整合性を調べて手直しし続ける(6法全書?)(重箱の隅を調べる)

行政機関(地方自治体)・・・地方を管理する。都道府県・その下の市・区・町・村。サービス提供、事務、ごみ処理、取引仲介とか

中央省庁の監督機関・・・昔の原子力保安院とか、法律あっても実働部隊が無い。訓練も無い。人手も無い。機材も無い。そんな印象。

地方自治体の監督機関・・・昔の三重県とか、フェロシルト汚染の見逃し許可とか、ごみ固形燃料事故とか。善人過ぎて裏をかかれてる。そんな印象。


なんかWikipediaとかWebみたいに、
リンクがあったり、写真があったり、具体例が書いてあったり、過去の経緯とか編集履歴とかも書いてあったら便利かも!
ついでに編集したアカウント情報も。
問題ある法案の作成者の過去の編集内容を芋づる式に見直しするとか。


今の問題点

誰が何をしたかわかると、身の危険。親戚の危険。暗殺の危険。たぶん、それだから内緒の秘密主義。
法案の捻じ曲がりとか、多重解釈できる文にして悪用しちゃうけど、誰がやったか不明。

大量の文章量の割りに、文字ばっかりで、具体的なイメージが各個人判断だから、すごい難読。

外国語に直訳する語順のせいか、指示語が多発。

学校では教えていない戦前かな使い。

現場で働く人と法案作成者が別の人生経験だから、知識・経験の共有が無くて、法案作成は現場を空想して書くしか無い?

0