尊厳死と遺族守護、二人産む権利、毎年の出産の人数制限。食料確保、石油節約、適正労働、修正経済



妙案は、三点セット。
尊厳死の契約と遺族守護制度。
産む権利二人ぶん、権利譲渡、権利売買。
毎年の赤ちゃん人数制限。

食料と石油節約、全員雇用で景気回復、安定社会で平和外交

ホームページURLはこれ: http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/index.html
尊厳死する本人が国と契約し、助けたい二人までに10万時間の時給の加護を尊厳死本人が設計する。
10万時間は、1日労働10時間なら1万日。
1万日は、1年労働日数300日なら33年。

2012年の日本なら10万時間の賃金に相当する金額は、1時間1000円として1億円相当だから、1億円の加護計画を設計。

20歳から70歳まで働くと約50年。加護は二人まで願えるから、
33年かける2で、命と引き叶えに66年ぶんの金額の計画を残せる。
尊厳死で、賃金面では割高にした。代わりに、尊厳死では、もう家族に直接の会話は無く、家族の生活も見れ無い。

時給の参考値。
2012年の日本なら、寺掃除が時給800円、店番が時給800円、廃棄物収集が時給1200円、看護師が時給1600円。
医者は上は時給1万、下は時給800円とか、色々あるから参考から除外。
飛行機パイロット、政治家、弁護士、タレントも、色々あるから参考から除外。
インテリヤクザ、ヤミ金、キャバクラ、ホストクラブも、色々あるから参考から除外。


尊厳死の後に、国に雇われた守護者10人が加護を遂行する。

尊厳死は食料節約と石油節約になり、国を健全化してくれる、ある意味で計画的細胞死。

尊厳死の命で浮いた食料と石油を、遺族守護に回す。

10人の守護者は、
警察から二人、
弁護士や司法書士から二人、
検察や科学者から二人、
総合診療医から二人、
尊厳死した本人の保証する善人か、善人免許所持者から二人。

善人選挙は、学校の卒業生が、善人と思う名前を、同級生から10名ぶん連記し、上位10%に善人免許25%を与える。
善人免許所持者は、善人免許25%を四枚以上集めた人である。
善人免許所持者は、学習の共同体で、善人の名誉を四階級制覇した人である。


守護者10人は信用できる大人の意味で、人生を支えるし、忠告するし、困った時は助けてくれる。



二人生む権利は戸籍に書いておき、出産成功したらひとつ減らして上書きする。
1人の大人が二人生むと世界に残す自分の遺伝子数は1人ぶん。

夫婦二人が子供二人を残すなら、世代の同級生は同じ。


残る問題は長生きしすぎ人口総数の増加と、
出産の低年齢化で一年間に生まれる赤ちゃんの数の増加。


長生きし過ぎ増加への対応は、毎年の赤ちゃんの人数制限にしわ寄せをする。

長生き老人が10万人増えたら、次の年の出産数を10万人減らす。

出産の低年齢化への対応も、毎年の赤ちゃんの出産数の制限によって行う。

毎年の赤ちゃん人数制限は、
妊娠の登録を届け出順に累進課税し、
妊娠税で制限する。

生活保護で産みまくる人は自分で自分の首がしまり、尊厳死契約する。

また、遺伝子の親から権利と金を回収するので、性犯罪者も自分で自分の首がしまり、尊厳死契約する。

遺伝子同じ双子は、連帯で半分ずつ負担するか、監視下に置くことで、遺伝子の親から権利と金を回収する。


これで国民がみんな食料をもらえる可能性を残す。経済の大前提。
あとは上杉ヨウザンと同じように、働けば食料を買える、食料は労働と交換しなきゃ勿体無い。

働けば買える。作れば売れる。
感謝されれば食料になる。

食料が行き渡るように、働けばいい。
食料を作り過ぎたら備蓄すればいい。
製品を作り過ぎたら国が買い上げ備蓄する。

作り過ぎるより、教育や治安回復に当たることで食料を入手すればいい。

出来ることを持ち場にして、
安定社会を作る。

それが隣国に伝搬し、
人口適正の安定社会になれば、
食料が安泰になり、
戦争の意味が消える。

戦争の意味が消えると、核兵器の有る無しに関係なく平和に暮らせる。
また、
領土の 拡大の 意味が消える。
隣国と悪口いうだけの茶番の意味が消える。

すべての解決策は、食料生産に対して少な目の人口に我慢すること。

人口増加は経済も過当競争になり、仕事や食料の奪い合い、汚い手段やイジメを生み出す。

食料に見合う人口なら、仕事により食料を買うことで
頑張りが報われ生きていけるから、
イジメの意味が消える。

残りは、欲望が起こす独占欲や性欲や犯罪欲によるもので、その罪人は社会不適格として自給自足の農業独房に隔離すればいい。


これが本筋の手厚い国だと思う。。


今の社会像

人口増えまくり、食料不足。

物価格差で低賃金の国から食料輸入、農家貧乏で都市流入。

物価格差で高賃金の国へ製品輸出、都市部の売り上げの源が輸出。都市部の生活が景気頼み。

人口の都市集中のせいで、民主主義より、都市主義に変わった。

仕事の無い、余った人は、詐欺、ホスト、キャバクラ、インテリヤクザ、ヤミ金、生活保護、ニート、うつ病になる。


物価格差は、富裕国の銀行通貨の運用で、過激な投資組織が、じゃぶじゃぶ通貨で物価格差を操作してる。

物価格差で利益を挙げる側の物価格差経済依存になり、袋小路に入っている。
新聞も広告もテレビ番組も、経済依存。

帰る場所が無い、帰る田舎の農家が無いから、
都市部の売り上げ維持のため、汚い社会を維持してる。

食料争奪戦は、汚い仕事が蔓延し、綺麗な生き方では貧乏餓死になるから、文化衰退、心の絶望。


本筋は、帰る場所を用意する、帰る田舎の農家を用意する、都市部で綺麗な仕事を出来るようにする。
それは、食料確保。

生活保護は、タール塗り木造農家の空き家で暮らせば良い。
近隣農家の、貧乏、とれたて、虫つき野菜を食べさせればよい。
生活保護には、それなりに出来る仕事をさせれば良い。

四国のじいちゃんの農家の家が、健康で文化的な最低限度の生活、タール塗り木造、田んぼ、虫つきキャベツ、じゃがいも、イヨカン、八百屋から腐りかけバナナとか。
孫にワラジ編みを見せるだけ。
孫に脱穀や羽車を見せるだけ。

あとはゲロマズいお酢の水割りで、勉強して上級階級を目指すだけ。
薄茶色わらばん紙、新聞広告余白、プリントの裏。

なんじゃそりゃという貧乏暮らしに、風呂、トイレ、座敷、布団、普通の医療でやっていく。
文化を見せてやる側が居ればいい。
田んぼを珍しいなと思って、側溝にカエルやヤゴを見つけて、足をつけて遊んで、淡水ヒルに噛まれて、雑菌感染した愚かな僕も居るけど、健康で文化的な最低限度の生活。


都会暮らしで、アパート暮らしで、家賃は大屋さん都会人に入って、
スーパーマーケットで材料買って、
料理するだけの、
都会暮らしが、
健康で文化的な最低限度の生活?

生活保護は、田舎で地産地消して暮らす決まりにすれば、輸送ガソリン節約。


食料確保さえあれば、災害時でも現場の人の活動が維持できる。

文化で維持発展するには食料により、綺麗な生き方で生き残れること。

食料生産は、農地面積と一対一の関係で、農地面積に制限される。
だから、人数も食料に合わせ制限される。農地面積に制限される。
そこで、悪い方法は戦争や権力での虐待や全滅作戦による人口切り。
そこで、現状経済は、貧困層の餓死者を見捨てる。
そこで、外見だけ平和な方法は、自発的な尊厳死。
だが自殺だけでは負けで、無駄死に。いじめ。
汚い仕事が蔓延する社会のまま。

そこで、
外見も内面も平和な方法は、
綺麗な仕事に優先権を与えるため、尊厳死と引き換えに、死んだ本人の守りたい人を国が守護する。

例えば、夢破れた大人の尊厳死と引き換えに、有能な子供に高い教育を受けさせ、身分を保護し、充分に政治・経済の上位に登り詰める道を与える。

綺麗な仕事で生きていけ。
汚い仕事なんか縁を切れ。
社会を良くする側に付け。

夢破れた大人の尊厳死を、最大限利用しろ。
善人ブースト。
善人は協力により、1人の善人を上に持ち上げる。
ただの自殺や無駄死にとは違う。
平和な形で、汚い仕事を綺麗な仕事に変化して行ける。
汚い社会を綺麗な社会に変化して行ける。

そのための下克上。
良い心と良い能力の持ち主が何人も居るなら、年下のほうが価値が高い。

年下は子供を産み、遺伝子を次に繋ぐので、保護する。
年上で子供を産んだ後、もう子供に関わることが無いなら、危険な現場を見に行く役目を持つ。



蟻と同じ。
女帝蟻は卵を産むため、安全な場所に居る。
若い働き蟻が卵と幼虫を世話する。
王女蟻と王子蟻は、繁殖前なので、遺伝子保護のため安全な場所に居る。
年寄り働き蟻は、冒険してエサを持ち帰り、穴堀をして巣の保護をし、外敵と戦う。

子孫に繋ぐ遺伝子を守るため。
子孫に繋ぐ遺伝子を適者生存にするため。

蟻は、遺伝子2重はメスで、遺伝子1重はオスになる。
働き蟻が遺伝子2重でメスだけで変だが、
働き蟻の性別は機能不全になってるから、働き蟻は本質は労働ロボット。

ただ、働き蟻は危険な外回りで泥まみれになるときは、もう卵や幼虫とは離れて暮らす。
理由は、遺伝子保護と生存有利だからと推論。
病気や重金属などの伝染を防ぐ意味。




問題点は、鉄砲バンバンの暗殺ありうる今、脅しや暗殺で、制度悪用されること。
最低限の良い点は、人口制限、食料確保は出来ること。
善人が自己犠牲するから。


今のまま最悪の場合の戦争は、農業生産激減で、資源の無駄も強く、無駄に命が減る。


平和維持には自発的死が必要で、遺族守護を与えることで無念を晴らすのが誠意と思う。

とりあえず尊厳死と遺族守護が出来たら、僕は、尊厳死契約するつもり。
オンライン英英辞書 発音つき
英和辞典 発音記号つき
英単語タイピング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年06月19日 17:27
ホームページ変わりました。この記事古くて旧HPのアドレス載せてる
旧 廃止 http://www.ac.auone-net.jp/~g03jyu8s/index.html
新 https://masumuramasachika.jimdofree.com/

旧HPのほうがテキストファイルをアップロードできて楽だったのですが
KDDIの都合でサービス終了になって
KDDIとドイツの会社の提携でjimdoというHPサイトに移動しました。

最近は尊厳死と遺族守護の法案は書いてないです。

ボクがぼけたのもあるし。
なんか健全な国や制度があったとしても腐敗は進むと思うし、
子供時代に暗い経験をすることが必要なのかなって気もしだした。

ただ、自分のテリトリーを自分で管理できないような、暗い経験がずっと続くような社会はだめだとは思うけど、自分でなんとか解決するか、我慢できるあきらめがつくかで、なにか答えが見つかっていけばいいと思う。

囲碁なら最善が存在して、アルファーゴには最善が見えてて、それを目指すんだけど。
人生だと不確定要素が多くて、最善は判明しない。たぶん生きている人間に最善はわからなくて、誰かの助けで奇跡的に最善に近い状況にあったり、誰かの妨害で最悪な状況に落とされたりしてるんだと思う。

この記事へのトラックバック